スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーラーメン狙い[新宿小滝橋]

新宿ラーメン激戦区小滝橋地区のカレーラーメンのオオトリは
小滝橋通りからはもっとも離れたところにある宝来軒。
こういった街の中華屋の初訪問時は、基本のラーメンを頼むべきだが、
今回は明確にカレーラーメン狙いだったので、
カレーラーメン(750円)、ライス(200円)を注文。
デフォルトラーメンは500円。

horaiken_04.jpg

出てきたカレーラーメンは通常ラーメン(?)からカレールーを盛りつけるタイプ。
カレールーもそんなに多くなく、チャーシュー2枚等具は充実してて麺も多い気はするが、
ラーメンを食べていないので定かではない。
これで250円アップはちょっと疑問か。

とはいえ、スープを飲むとカレールーが溶け出し絶妙な旨さを感じるので醤油ベースのスープは
カレーラーメン専用のものかもしれない。

どのみち、こういったカレーとラーメンの融合を何気なく成されている店は貴重です。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カレーラーメン狙い

新宿小滝橋通りのカレーラーメン戦争に、新たな新顔が登場。
ラーメン二郎小滝橋店直ぐ隣りの味噌八郎商店だ。
ここは、なんつ亭の別ブランドの味噌専門店。

カレー味噌らーめん@880円の食券と麺大盛り@無料の食券を購入。

misohachi_01.jpg

なんつ亭らしく、マー油が特徴。
味噌スープにこのマー油とカレー味の挽肉が溶け出し面白い。
具はもやし、チャーシュー二枚。

デフォルトの780円から100円増し。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ラーメン激戦区小滝橋通りのカレーラーメン

ラーメン激戦区小滝橋通りに、全く目立たず、
前回福しん行ったときも見落としていた、札幌ラーメン大富へ。

カレーラーメン560円、ライス小180円を注文。
その他ラーメンから定食まで低料金。

ohtom_05.jpg

薄味のカレー風味。薄焼き玉子が丼半分覆うのが特徴。
具は、たまねぎ、もやし少々、メンマ、チャーシュー。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

久方振りにカレーラーメンを狙う[府中]

府中駅前のラーメン激戦区内の北海道らーめん寅蔵へ。
店外のメニューでカレーらーめんがあることは確認済。

カレーらーめん730円、半ライス100円を注文。

ラーメン激戦区内で集客に苦労しているのか、先客後客0名。

torazou_02.jpg

出てきたカレーらーめんはシンプルで家庭的でもあり、麺量、具量(豚肉10切れオーバー)ともタップリである。あっさりカレースープに具材が豚肉玉ねぎ炒めにわかめと大量のネギというラーメンはかなりの独創的です。
これは隠れた逸品とも言える。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

久しぶりにカレーラーメン

カレーラーメン特集を掲げてから、まったく開拓していなかったのを思いだし、
急遽、らーめん無双の冬限定のカレーらーめんを目指し、西新宿十二社通りへ。

券売機の故障(1000円挿入そのままフリーズ)で時間がかかったが、
カレーらーめん650円。麺類注文の方はライス無料サービスとのことで、当然注文。

しばらくして登場。先客後客0名。
musou_02.jpg

ポテトチップに粉チーズかけとかなり斬新的。スープを飲むと味噌とカレーの云々とあったが、ごく薄いカレー風味のちょっと味噌味の薄いスープという印象。、コクがあまりない。具はもやし、鶏肉、青ネギ、ポテトチップ、チーズ、麺は黄色いちぢれ麺。
ポイントは食べ進めていくうちにポテチが溶け出し、ほくほく感とは行かないまでも食感が変わって面白い。 最後にライスを投入しスープカレー的にもなる。

これで650円なら満足といえる。コクを出すために、鶏肉を挽肉にし青森の味噌カレー牛乳ラーメンにならって牛乳を入れるだけでおお化けするような気がする。
けん価なポテチを使いチーズで風味付けのこのアイデアを生かすためにも、もうひと工夫があればなあ、
天下一系FC店にそこまで求めるのもなんだが。


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カレーラーメンを求めて[カレーラーメン専門店編]

カレーラーメンをテーマに、カレーラーメン専門店を目指す。
カレーFC専門店「カレーハウスCoCo壱番屋」のカレーラーメン版「麺屋ここいち」が関東初進出、ここラーメン激戦区の新宿小滝橋通りに登場したので19時台に訪問する。

先客0名後客0名。

煮玉子カレーラーメン(780円)+餃子セット(180円)を辛さ普通で注文。

cocoichi_02.jpg


カレースープも具(キャベツもやし炒め、挽肉)も麺もバランスを考えられいいし、味玉もよし。
味玉なしのデフォルトで680円をデフォルトカレーと同じく580円にしなければ、トッピングは常道なので割高感あり、たとえ近場に在ったとしても、CoCo壱番屋みたく再訪したくはならないなあ。

新宿小滝橋通りのラーメン戦争状態を歩きながらチェックをするも過当競争の影響でどこも入っていない。
客入り状況は、中華一番>蒙古タンメン中本>二郎>麺屋武蔵>風来居>古武士>はな火屋>愛ちゃん>ここいち

武蔵の行列などなく席占有率も60%くらい。もうラーメンの時代も終わってますねえ。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カレーラーメン たけちゃんにぼし代々木店[再録]

5月30日、たけにぼから特別会員メールが届いており、
カレーラーメンが100円引き、さらに先着10人に、いつでも50円引き特別会員カード贈呈
ということで、急遽、たけちゃんにぼしらーめん代々木店へ、歩いて向かう。
初台から、代々木駅に向かい途中なので、新宿へ歩くより近いのだ。
そして、到着。
塩カレーラーメン950円の食券を購入。
会員メール見せて、まだ10人に至ってないので、会員カードをゲット。
さらに100円バック。

しばらくして、出てきたカレーラーメン。
たけにぼのラーメンにカレー味と大判チャーシュー2枚、さらに極太い白髪ねぎ。
といった構成。

takenibo_11.jpg

いい感じのカレー風味に、にぼしが効いたあっさりしたスープがマッチし、ネギ南蛮風とも言える。

普通のラーメンが740円だから、通常だと210円アップなのだが、特別会員期間限定で110円アップだと考えると満足といえる。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カレーラーメンを求めて[仙川編]

カレーラーメンを求めて仙川の「魔女のカレー」へ行く。
ここは、仙川線路沿いの激戦地点、3軒隣にいわずとしれた「ラーメン二郎」「中華料理五十番」とそれぞれ特徴のある店が並ぶ一角。
店名通り、本格カレー専門店ながらカレーラーメンも有名になりつつある。

炙りチャーシューカレーラーメン半ライス付き(880円)の食券を購入。
先客1名、後客2名。

辛さを2段階の「辛口」で注文。

mazyo_01.jpg

出てきたラーメン、具に極厚チャーシュー、もやしキャベツの野菜、揚げた半熟玉子半個、海苔、カレースープいい感じです。特徴ある固めの平打ち縮れ麺がよく絡み、カレー屋らしいスパイスの効いた辛さがガツンと効く。野菜とライスで辛さ冷ましながら食べると後から旨さが増幅する。

手前の商店街通りにも代一元や他のラーメン店、駅左側にも萬来軒など老舗、新店が存在し仙川は注目です。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。