スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かし半チャンラーメンセット

中華料理幸楽のこの懐かしいラーメンと半チャーハン。
定期的に食べたくなるんだなあ。
koraku_h_01.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

新店哲麺野猿街道店

クリーミー豚骨を引っ提げ、独自のチェーン展開(1代目は昭島、多摩地区中心)する哲麺。
今年1/10開店、もう34代目のこの店。

正油豚骨500円。
替え玉50円。

tetsumen_34_01.jpg

具は薄いチャーシュー、海苔、木耳、博多ネギ。
豚骨スープはあっさりクリーミーでマー油で旨さを引き出す。

tetsumen_34_02.jpg
tetsumen_34_00.jpg

これで、この野猿街道沿いに、哲麺、豚骨あぶみ屋、六角堂と豚骨らーめん戦争が始まるのか。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

たまに食べたくなる家系ラーメンたま家へ

たまに食べたくなるラーメンというもとがあるとすれば、それは家系ラーメンという選択はかなりの確率でありえるだろう。

ということで、多摩センターの「たま家」が八王子北野に2店舗目を出したので、行ってみる。

平日ランチセットのラーメン+ねぎ飯(750円)食券で太麺、麺大盛りで注文。
家系の特徴の油、麺、スープの調節できるが、初訪問なのでそのままに。

tamaya_k_01.jpg

スープは家系独特のとんこつの濃厚さは抑えられていて、自分にはちょうどよい、具も定番の大判海苔3枚、ほうれん草、チャーシュー、太麺も通常だろう。
ねぎ飯も刻みネギとそぼろと醤油たれで上品に仕上がっている。

デフォルトラーメン650円、ねぎ飯150円、だから大盛り分+50円お得でした。

tamaya_k_00.jpg


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

真夏の冷し中華<その7>

中華料理幸楽@八王子の冷し中華(750円)。

kouraku_cold_01.jpg

これぞ、中華屋さんの昔ならがの正統冷やし中華、ハムの周りが食紅で赤いところなど貴重です。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

タンメンを狙え2【中華幸楽@八王子】

朝ラーでもしようと24時間営業の東京亭を目指そうとしたが、道が混んでいるので、
予定を変更し、リニューアルしたムラウチ電気を覗き、昼前に中華料理幸楽へ。
生駒軒のタンメンは本来のもとは違うはず、と確認するために選んだのがこの店。
50円アップの600円のタンメンを注文。

店主のおばさんが一番乗りの近所のおばさんと世間話をしながら、あっというまに出てきた。

kouraku_11.jpg

タンメンは思い通りのアツアツで塩味と胡椒でスープで炒めた野菜にさっぱり清湯スープ。

具はもやしキャベツ白菜人参木耳に小間切豚肉とたっぷり、麺は少しもっちりとした卵麺

「言うことなし、これだよこれ」とかぶりつくも熱いので、ゆっくりと味わう。
kouraku_15.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

夜10時過ぎにたどりついた店

八王子北へ県道沿いの店を狙うも、いっぱしや、荻窪亭、江川亭八王子北店と既にクローズ。
残りは、ごくうらーめん大千元へ。

座敷があるので、その席へ。
A定食のネギと肉の南蛮丼、ラーメン、おしんこのセット(865円)を注文。

PICT0259.jpg

ラーメンの具がかまぼこ、もやし、海苔のみと寂しかったが、南蛮丼は丼大きく、味付け薄めで肉いっぱいでよし。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

野猿街道八王子東中野ラーメン二店

わからん@特製辛挽肉ラーメン+半ライス@750円
wakaran_04_03.jpg

きたろう@焼肉ライス支那そばセット@800円
kitaro_04_02.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

JR八王子駅構内でラーメンを食らう

出張でJR横浜線で八王子駅に到着。
駅を出て名だたる八王子のラーメン店をとも考えたが、駅中でしか味わえないということで、ある意味希少価値のある直久八王子店を目指す。

JR八高線のホームのいわゆる駅そば店となんら変わりはない店構え。

八王子ラーメン480円、焼きおにぎり90円の食券を店の外の券売機で購入。
駅そばのよくあるシステム(1番以降のスペースに待ち行列に食券を遷移させる)。

座席は5席。あとは立ち食いか。
先客2名、後客0名。

naokyuu_02.jpg

確かに八王子系。油じっとり醤油スープにチャーシュー、メンマ、海苔、刻み玉ねぎ、細ちぢれ麺。
スープは直久流の煮干し出汁が効き甘みのある味、それに油と玉ねぎで甘みと食感を味わえる。
ただ薄いて小さいチャーシューが2枚あろうとも、いただけない。



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

連日半チャンを狙う

夜10時思い立って、野猿街道のラーメンハウスポパイ@帝京大学前へ。

Aセットの半チャンラーメンセットを醤油らーめん(平めん)、杏仁豆腐で注文。
これで830円税込みで871円。
単品だとラーメン550円、半チャーハン350円、杏仁豆腐180円だからかなりのサービス度。

先客後客0名。食べている途中ラスオオーダーがかかった。
popai_34.jpg

ラーメンは、豚骨ベースの鶏ガラ等かなり複雑なうまさのスープに中華系らしく油じっとり。
平打ち麺によくスープがからみ、チャーシュー、メンマ、海苔とともに本格派。

半チャーハンは、チャーシュー小間切れ少々に玉子、ネギで一般的。

最後に口直しの杏仁豆腐でさっぱりなるのが、普通の中華屋からのアドバンテージ。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

つづいて東京ラーメン探索[北野編]

休みの夕飯に、車を駆り出し北野方面へ。
目指すは「豊春」という店。
北野駅から離れたロードサイ率にある、あまり先率先してはらなくてもいい見栄えだが、結構車が止まっているの気になっていたて店。

店に入ると、おかみさんのやさしい「いらっしゃいませ」の声。
ラーメン中心の定食もあるいわゆるロードサイド中華屋さん。

先客4名。

いろいろセットものがある中、ハーフB(840円)を注文。
ラーメン、餃子3個、半ライス、おしんこのセット。デフォルトラーメンは450円。

toyoharu_01.jpg

出てきたラーメンの出で立ちは青菜のかわりわかめの入った東京ラーメン、ほんのりと鶏ガラ煮干で濃い目の醤油タレに油多めでバランスのとったスープ、潅水高めの中太ちぢれ麺と、鳴門と海苔とメンマ、大きめ柔らかい肩ロースチャーシューに実直さの郷愁を感ずる一品。

アットフォーム度抜群(おかみさん息子さんで切り盛り)で、定食充実度、コストパフォーマンスもあり、再訪確実。こういう店を大事にしたい。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。