スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麵屋十王@八幡山店

和風飛魚出しの麵屋十王府中本店より、都心の八幡山に新店舗。
それも値段をワンコイン(500円)に抑えるという嬉しいもの。
men_zyuho_0001.jpg
十王麺500円。府中店の十王麺はわかめでなく味玉入りで650円。
men_zyuho_0000.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

弘前軒の2玉中華そば

久し方ぶり、南平の弘前軒へ。

いまだ食べていない、通常の中華そば(2玉)700円を食べる。
この大きな器にいっぱいの迫力のスープと麺。
この量を食べきるかなりの長い時間まで、スープはあつあつ、麺も腰のあるままである。
hirosakiken_d_01.jpg
真上から写真だとわからないので、横上から写真で、受け皿と比べるとその巨大さがわかる。
hirosakiken_d_02.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

今年一番の逸品

去年新規オープンの、懐かしい中華そば。
15日感謝デーで全品500円。

900円の特選中華そばを注文。

チャーシュー2枚、肉ワンタン3個、味付け玉子(半個)、メンマ、鳴門。
まったくスキのないスープ、太めの縮れ麺、柚子のアクセントつける。

showa_01.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

冬限定に誘われる

高幡不動駅のホームから見える、つけ麺、らーめん美豚の冬限定鶏塩らーめん700円に目を奪われて、入店。

券売機で食券買い、好みが選択できるので、麺固め、油多めで注文する。

コーンポタージュの色のスープ、ちぢれ麺、具は鶏チャーシュー、メンマ、味玉半個、千切りネギ、糸唐辛子、海苔。
鶏チャーシューのあっさり感とボリューム感はよく千切りネギもよかったが、
自分には塩味が強すぎた、味薄目にするべきだった。

biton_t_11.jpg
biton_t_10.jpg


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

武蔵家幡ケ谷店

幡ケ谷駅北口出口を出て、右の1軒目にあるのが、武蔵家幡ケ谷店。

並ラーメン(650円)の食券を購入し、店員さんに渡し、
お好みを麺固めのみで、無料ライスを中、タイムサービス(16時から18時)をチャーシュー1枚で注文。

味の濃さは普通だが、家系の豚骨がここまで豚骨豚骨の店は久しぶり。
具(大判チャーシュー2枚と海苔3枚、ほうれん草)、麺、スープと濃いスープだけを飲まないように調整して食べると満足感たっぷり味わえる。

musashiya_01.jpg
musashiya_02.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

携帯クーポンを使う

幸楽苑のモバ麺クラブの携帯クーポンをもって幸楽苑@百草園へ。

お盆休み中の14時にもかかわらず、混んでます。

カウンターに座り、早速「ねぎ塩らーめん」(490円)を注文。

kourakuen_negi.jpg

塩ははじめてだが、FC店としては、良く出来たスープ。千切りねぎに辛味ラー油をかけて、淡白な塩スープにうまいことアクセントがつ付けられる。

会計時、携帯でクーポンみせて50円引きで、税込464円。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

猛暑日続くなか、やはり昼は冷やし中華

東京でも猛暑日(35度以上)が続くなか、やはり昼は冷やし中華を求め、ちりめん亭高幡不動店へ。
店はかなり冷房聞いているが、初志貫徹、冷やし中華690円を注文。

chirimen_t_00.jpg chirimen_t_01.jpg


しばらくして出てきた器は写真とは違うローズグレー色。
具は写真通りに、トマト2切れ、水菜、胡瓜、コーン、桜チップ燻製鳥肉、味玉半分。
醤油タレもさわやかな柑橘系風味と謳っている通り、蜜柑がちょっり入っているようだ。

定番の冷やし中華とは、ちとひねりのある構成バランスで、なかなかよい。

chirimen_t_02.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

高幡不動駅近の新メニュー狙い

高幡不動駅から南へ西へ地上に降りて、線路沿いのレンガ通りの入口にある「つけ・めんらーめん美豚 高幡不動店」。

biton_t_00.jpg
「ついに完成!世は大アブラ時代 ネギ油そば」のそそる宣伝にのり、開店11:30一番客として入店。
ネギ油そば680円の食券を購入し、店員さんに渡すと、ランチ特別サービスで味付け玉子、チャーシューめし、杏仁豆腐が選択できる。今回はチャーシューめしで注文。

しばらくしてネギ油そばが登場。
biton_t_01.jpg

自分で味が調整できるように、マヨネーズ、酸、ラー油、辛挽肉が付く。
ちょっと掻き回して麺を食べると、油タレが濃いと感じたので、マヨネーズを追加して調整している間にチャーシューめしが登場。こちらは甘めチャーシューたれに挽肉とネギ入りごはん。
biton_t_02.jpg

極太の腰のある麺が油を吸って、具のチャーシュー、メンマ、水菜、ネギ、刻み海苔。
なかなか考え尽くされた油そば、うまく調味料を混合すれば、自分だけの一品になる。

ちなみにランチサービス時間は11:30〜14:00。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ほぼ猛暑日の昼に何を食べるか

それは、やはり、冷やし中華。初台の珍竹林なら、低料金で食べられるだろう。

戸は全開しているので、冷房なしかと思ったが、冷房もあった。
冷やし中華(550円)を注文。
chinchiku_cold_02.jpg chinchiku_cold_00.jpg

先客3名後客5名、あまり冷やし中華は注文していないようだ。もう一人、冷やし中華大盛り(650円)注文してるのみ。

しばらくして(基本的に茹で上がった麺を冷水で締めるので手間はかかるもの)、冷やし中華が登場。

chinchiku_cold_01.jpg

盛り方して麺も十分の量、具のキュウリ、さやエンドウ、錦糸卵、もやし、ハム、ワカメ、紅生姜を、胡麻酸醤油のタレで全体を混ぜ合わせて、いい感じです。

これでデフォルトラーメン480円から考えても550円はお値打ちでしょう。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

新潟3大ラーメンを3毛作ブランドで提供

幡ケ谷駅から初台方面へ甲州街道沿いあるのが、「我武者羅」「どっかん」「弥彦」。
平日昼は、我武者羅で長岡生姜醤油らあめん@680円。

器は小さめだが、並々醤油スープで具のチャーシュー、青菜、メンマ、刻みネギ、生姜、カイワレ大根、海苔。
チャーシューは薄いが4、5枚入って、麺も腰のあるストレート麺。

gamushara_01.jpg

バランス一番、生姜を少しづつスープに馴染ませながら、十分堪能できる。

gamushara_00.jpg


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。