スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西新宿中華料理ラーメン探訪

西新宿の十二社通りにかなりの密度で点在する庶民系の中華料理店のラーメンを狙う。

十二社通り沿いは熊野神社例大祭の提灯が並ぶ。
時間は20:30過ぎ、図らずも秀苑、登喜和、李園は既に営業終了、康楽のみ開いていたので、康楽へ。

セットものが充実している。
その中で、Aセット(ラーメン+半チャーハン)780円を注文。
デフォルトのラーメンだと500円。

s_koraku_04.jpg

出てきた半チャーハンに少しがっかり、つぶしにつぶれた半チャーハンというより1/4チャーハン。
ラーメンの器は大きく量はあったが、具がチャーシュー、メンマ、かまぼこ、ネギ、スープは中華料理系の鶏ガラあっさりで甘さがあるものに、やわらかめの麺。
好みでないが値段にはなんとか見合っていると言える。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

五目そばを狙え[福寿]過去訪問店

もう1店、過去に五目そばを食べていたので掲載。

---
笹塚の老舗名店の福寿へ。
場所は笹塚駅から一番街商店街から一番街坂下へ終点位置にある。
先客1名、後客3名。
ノスタルジル満点のただづまい。五目ラーメン(630円)を注文。

hukuzyu_01.jpg

出てきたラーメンは、通常ラーメン(500円 具はチャーシュー、メンマ、鳴門、ネギ)に蒲鉾、椎茸、もやし、温泉半熟玉子1個とかなりお得。
スープを飲むとほのかな甘さ、昔ならでは鶏ガラ中心で豚骨、昆布、魚介、香味野菜等のダシに、ほのかな油で抜群のバランスのスープ。これにちぢれ麺が多く、十分に堪能できる。
現代でも十分に通用するこのラーメン、この店とともに奇跡的だ。
--

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

五目そばを狙え[代一元笹塚店]再掲載

五目そばのカテゴリを追加したので、
以前の記事代一元を追え[笹塚]
をこのテーマとして再掲載。

五目そばのタイプ、通常ラーメン具充実型。

---
五目そば(600円)、チャーハ(450円)を注文。

この笹塚店は他店と違いしっかり炒めでなく、ハム玉子ネギで、しっとりふんわり感が抜群。他店では真似できない逸品。
そして、五目そば登場。200円アップ、他店(550円)だと50円アップで、ゆで卵、卵焼き、ほうれん草、カニ蒲鉾、挽肉団子(小)、極太チャーシュー2枚、海苔、メンマと具が5品増え(わかめ減)は大満足。

daiichi_6_03.jpg

なみなみスープは変わらず、鶏ガラより豚骨の風味で他店とくらべて濁り気味。なめこ入りですっぱさと甘さがあるのが独特です。
具だくさんを混ぜながら食べ進めると甘みも増え、旨さアップします。
---

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 代一元 五目そば

五目そばを狙え[西洋軒]

ものになるかどうか、とにかく企画「五目そばを目指せ」を始めます。

中華料理系ラーメンにおいての五目そばをデフォルトのラーメンと比べることをテーマとする。
これは「代一元を追え」「失われし東京ラーメン」の再訪時サブテーマとも言える。

まずはじめは、ノスタルジック中華食堂の西洋軒。
五目そば600円、小ライス130円。

seiyouken_35.jpg

ここの五目そばは塩ベース。
スープの塩味と具の野菜類(白菜,椎茸,人参,木耳,筍,ほうれん草)がマッチ、さらにチャーシュー小、豚肉、蒲鉾、鳴門2個と落とし玉子と充実。
(これが、五目そばの正統)
これでラーメン400円から200円増しはお値打ち。

小ライスもしっかりおしんこ付き。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

シンクロニティWEBサイト紹介

前回、「失われし東京ラーメン」のテーマそのものの本「ノスタルジックラーメントーキョー」に触れたが、WEBにもありました。

東京・昔ながらの引き算ラーメン案内

光文社、女性自身記者の企画らしい。記者らしく綿密な取材で5話完結で継続中。
ラインアップは、
メルシー、若月、山口家本店、春木屋、まるき、池袋大勝軒、浅草橋大勝軒、ホープ軒

有名店ばかりなので、安心だと

tag : 失われし東京ラーメン

続・失われし東京ラーメンを求めて

幸楽
この屋号にすぐ反応してしまう。
八王子のムラウチ電気そばのこの店へ訪問。

ラーメンセット(小チャーハン)880円を注文。
デフォルトのラーメンだと550円。

店舗はマンション敷地の一部にある感じで新しい。
おばさん一人で切り盛りし、あっというまにチャーハン、ラーメンが登場。

チャーハンに叉焼コマ切りが入りよし。
そしてラーメンも、ちぢれ麺にあった醤油スープに叉焼、メンマ、海苔、鳴門、葱と実にバランスのよい一品、スープが滋味深く旨いです。

kouraku_07.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ぶらり十二社西新宿ラーメン探訪

十二社通り中心の西新宿をカテゴリ化、これで代々木、西新宿でこの地域(勤務地界隈)をカバー。

十二社通りから水道通りに入り、ラーメン我流(閉店)のあったところから路地に入ったところにある山田屋水道通り店へ。
店舗自体は雑居ビル1Fで看板もなくラーメン店にはみえない。店前のラーメンの看板(のみ処とも)とレトロなサンプルが目印。
山田屋自体はここ新宿で5店舗くらいある(あった)老舗の大衆中華ラーメン店との認識で来店。
ラーメン490円、小ライス150円を注文。
飲みのグループがいるが、カウンターは空いていた。
昔ながらの中華食堂プラス飲み用中華つまみメニューが夜は充実。

出てきたラーメンは、豚骨風味が強い(スープの透明度が若干低い)が、いでたちは失われし東京ラーメンにピッタシ当てはまる。

yamadaya_05.jpg

麺量が多くスープも多い、チャーシューも味付け濃い目でこのラーメンにマッチ。あっさり醤油でなく豚骨が増すこういった支那そば風のラーメンが好きだったことを思い出した。

コストパフォーマンス抜群、他のメニューはこぞって150円以上アップしているがカレーラーメンなぞ試したくなる再訪期待店です。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 失われし東京ラーメン

9月からラーメン復帰

9月の2週目に入り、はっきりと空気の湿度が変わり季節の移り変わりを実感する。
これとともに、ラーメン食べ歩きを復活させる。

再訪より、失われし東京ラーメンに合った新規開拓を目指す。
第一乗換え駅笹塚で途中下車して、「生駒軒」をねらうも本日休みの札。
第二乗換え駅調布で途中下車して、「たつみ」、「たから家」のうち空いているほうと決めて、前客2名のたから家へ。

ラーメン・半餃子セット900円を注文(ラーメン単体で650円)太麺でいいですかを聞いてきたので、初訪問なので、言う通りに。さらに、無料でコクたれ追加できたがそのままに。

ラーメン出てくる前から、図らずも客がひとりひとり押し寄せる、合計8名、1階カウンターは直ぐ満席。

醤油らーめんは、あっさりで香味油が効きいい感じ。やわらかめの太麺にも合う。厚切りチャーシュー、メンマ、わかめ、ネギ、どれも量十分。餃子3個は厚皮で大きく、他店のそれとは明確に違う、半ライスは本当に半ライス。

takaraya_04.jpg

この店の自慢の厚切りチャーシューだが完全に半分に切られそれほど得したほどのボリュームはない。
はじめいい感じだったスープは途中から化調が目立つ、コクたれ追加しとけばよかったと後悔。

らーめんはそれなり、餃子もよいが、デフォルト650円だと二の足を踏む。
とはいえ、近所にあれば、営業時間も長く重宝することは間違いない。


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

失われし東京ラーメン候補店

これから企画「失われし東京ラーメンを求めて」を実践すべく、その候補店を挙げておく。

あっさりした醤油スープに鳴門、青菜(ほうれん草)、海苔、チャーシュー、メンマの具、ちぢれ細麺は基本。これに老舗、レトロ(ノスタルジ)が加わればなお良い。

ポイントは、鳴門、ほうれん草そして、未検知。

多摩地区
1. 栄龍軒@矢川
2. 円楽@府中
3. 一六食堂@小宮
4. 青柳ラーメン@河辺
5. 双葉@布田
6. 丸嘉@日野
7. まこと@長沼
8. ○決@昭島

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。