スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーラーメン たけちゃんにぼし代々木店[再録]

5月30日、たけにぼから特別会員メールが届いており、
カレーラーメンが100円引き、さらに先着10人に、いつでも50円引き特別会員カード贈呈
ということで、急遽、たけちゃんにぼしらーめん代々木店へ、歩いて向かう。
初台から、代々木駅に向かい途中なので、新宿へ歩くより近いのだ。
そして、到着。
塩カレーラーメン950円の食券を購入。
会員メール見せて、まだ10人に至ってないので、会員カードをゲット。
さらに100円バック。

しばらくして、出てきたカレーラーメン。
たけにぼのラーメンにカレー味と大判チャーシュー2枚、さらに極太い白髪ねぎ。
といった構成。

takenibo_11.jpg

いい感じのカレー風味に、にぼしが効いたあっさりしたスープがマッチし、ネギ南蛮風とも言える。

普通のラーメンが740円だから、通常だと210円アップなのだが、特別会員期間限定で110円アップだと考えると満足といえる。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

WEBに誘われて新店へ再チャレンジ[府中編]

前回、研究日でふられた府中の「麺創研かなで」へ。

塩ラーメンもあったが醤油の支那そば(700円)、叉焼丼(300円)の食券を購入。

ピカピカの店内でカウンタがステンレスで傷だらけ(演出?,ステンレスではない?)

kanade_02.jpg

出てきたラーメンは白い器に、透明度のある醤油スープはキラキラ光り、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みネギ、ストレート系自家製麺が見える。

スープをひとくち飲むと見た目どおりの滋味深い旨さ、濃厚Wスープブーム、まぜそばブープはもう終結し、無駄をそぎ落として原点に帰る流れは大歓迎。
海苔はないが進化系東京ラーメンといえる。

先客2名、後客1名。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

五目ラーメン狙い[八王子・大塚帝京大学]

22時前に野猿街道沿いの「和華蘭」へ向かうも店は閉まっている。向かいのファミリーマートでウッチー必勝弁当あるか覗くもなし、来多郎、十王も定休日。ポパイのみ開いている。
なので、五目ラーメンと心に決めラーメンレストランポパイへ入店。

五目ラーメン(830円)、半チャーハン(350円)税別を細麺で注文。

popai_11.jpg

日替わり、セットのお得度に後ろ髪引かれるが、醤油ベースの五目あんかけタイプのこのラーメンも、白菜人参絹さや椎茸竹の子銀杏味玉が餡とスープとストレート細麺に絡み十分堪能できる。無化調なのでスープ残らず飲み干せる。
半チャーハンもしっかりチャーシューこま切れが入りパサパサ感ありいいが、本当に半分です。

メニュー表が新しくなり気になっていたが、通常ラーメン等は据え置だが、食べたメニュー(五目、半チャーハン)9月訪問より各50円アップしていた。
税別とともに残念。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 五目そば

カレーラーメンを求めて[仙川編]

カレーラーメンを求めて仙川の「魔女のカレー」へ行く。
ここは、仙川線路沿いの激戦地点、3軒隣にいわずとしれた「ラーメン二郎」「中華料理五十番」とそれぞれ特徴のある店が並ぶ一角。
店名通り、本格カレー専門店ながらカレーラーメンも有名になりつつある。

炙りチャーシューカレーラーメン半ライス付き(880円)の食券を購入。
先客1名、後客2名。

辛さを2段階の「辛口」で注文。

mazyo_01.jpg

出てきたラーメン、具に極厚チャーシュー、もやしキャベツの野菜、揚げた半熟玉子半個、海苔、カレースープいい感じです。特徴ある固めの平打ち縮れ麺がよく絡み、カレー屋らしいスパイスの効いた辛さがガツンと効く。野菜とライスで辛さ冷ましながら食べると後から旨さが増幅する。

手前の商店街通りにも代一元や他のラーメン店、駅左側にも萬来軒など老舗、新店が存在し仙川は注目です。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

西新宿口ラーメン戦争勃発か

西新宿の駅前喧騒から離れ高層ビル群手前にある名店満来の閉店からお家騒動後、新たに全面対決で勃発か。

まず、満来ビルの隣に同じ大チャーシュー自慢の調布本店のたから家が進出。
その後時を経て満来先代が引退し、「らぁめん満来」は一時閉店。
店長の堀内氏が同じ通り3軒隣に「らぁめんほりうち」として開店。
その後、満来二代目は東高円寺にその名を引き継ぎ「らあめん満来」を開店。これで決着かと思われたが、満来二代目は結局1年もせず10/10くらいに満来ビルに東高円寺を閉めここに出戻り再オープン。

これで同じ味の店2店が3軒隣に存在するという異常事態発生。
そこで見学に行く。
19:00に「満来」は開店花輪がさびしく客3人くらいでガラガラ。「ほりうち」を覗くと客4人くらい。当然50円安いほりうちへ。らぁめん(800円)の食券を購入。

horiuchi_01.jpg

先客4名後客8名。
券売機故障のアクシデントあったが、このらぁめんは正しく東京ラーメンで旨いです。
もちもちの手打ち太麺が量十分でちょっと甘めの鶏ガラベースのスープ、極厚チャーシューは肉のうまみをダイレクトに感じるあっさり味付け、メンマ、青菜、刻みネギとバランスよく800円でも十分納得。

チャーシューメン980円時代に一度来ただけだが、チャーシューに圧倒されただけの記憶が残るのみ。こんなに特徴を生かしながらバランス、コストパフォーマンスもよくなっていると感じるは時の流れか。

それはさておき、帰りに満来を覗くと客2名。たから家8名。まずは実績の「ほりうち」に分がありそうだ。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ぶらり笹塚途中下車

笹塚の観音通り商店街終点近くにある魅惑の中華料理ミスターチンへ。

お昼も抜いていたので、醤油ラーメン(450円)、マーボー丼(650円)を注文。
それが後悔する基となる。

まず、ラーメン登場。器は大きく、シンプルにメンマ、チャーシュー、ネギしかなく大雑把な盛り付け。
さらにマーボー丼の登場に唖然。
かなりの量ということは既知だったが、ラーメン丼と同じ器に盛る上がるどんぶり、ずっしりと重い。

mrchi_01.jpg

時間をかけるて飯は食べ切り、ラーメンをマーボーラーメンにするも麺量多く、半分で断念。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

WEBに誘われて新店へ[府中編]

開店まえからWEBを有効活用している、立川ラーメンテーマパクのラーメントライアウト「麺屋にゃみ」の店舗となる「麺創研かなで(リンク)」(10/10オープン)を目指すも定休日いや研究日。
場所を確認、節、寅蔵の先、寅蔵はどうも営業していなさそう。

そして、もう一店新規オープン店、府中本町になるが府中街道沿いの「中華そば青葉(リンク)」府中店へ。
FC展開激しいが、現潮流のWスープを始めた店だけに一度は訪問しとかなければ。

メニューは少ない、中華そば、特製中華そば、つけ麺、特製つけ麺と各大盛りのみ。トッピングもなし。新店のためか通常より50円高い。しかたなく中華そば700円の食券を買う。

ウッディの店で店内全体的に広いがL字カウンタ(20席くらい)は手狭感あり。

aoba_01.jpg

でてきたラーメンは、雑誌等で見慣れたもの。
鰹がガツンと来るが奥深さがある、今でもどこでも見慣れたスープ。
固めの太麺が絡み、具も極太のメンマ、薄く柔らかいチャーシュー、粒胡椒がアクセントになりバランスよく旨いことは確か。

50円アップがうらめしい。味玉トッピングしたければ特製200円アップの味玉チャーシュー2枚増しするしかない等、HPに
---
青葉のメニューは、「中華そば」「特製中華そば」「つけ麺」
「特製つけ麺」の4種類だけです。
「チャーシュー麺」も「メンマラーメン」「味玉ラーメン」もありません。
 「特製」というのは、チャーシュー、メンマを増量し、
味付卵を加えたメニューです。
 当店では、お客様のニーズを考えた結果、
「色々な具材を楽しみたい」
「適切な量」
「妥当な価格」のバランスを考え、
「特製」というメニューを考案しました。
---
と書いているが、逆にお客ニーズに応えていないのではないか。

実際、滞在中に5,6人の客はほとんど中華そばかつけ麺を注文してました。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

渋谷本町中華巡りの末[一番@幡ヶ谷]

会社帰りに、渋谷本町の中華永楽を狙うも、店前で道具を大掃除しているのでパスし、不動通りを突き抜けた中華一番を狙うも定休日、さらに清元も店内は電気は付いているが暖簾は完全に下げている、最後に幡ヶ谷甲州街道沿いのもう一軒の中華一番へ。ようやく営業中。

ラーメン(450円)、餃子(300円)、ライス(150円)を注文。

ichiban_07.jpg

鳴門、青菜、海苔の載った醤油スープにちぢれ麺の失われし東京ラーメンそのもの。
油の少ないスープはかなりの甘さ。かなりのちぢれ麺に絡みます。さらに具の鳴門の厚さにビックリ、青菜のインゲン、メンマ、チャーシュー。どっちかというと家庭でも作れそうなみりんの甘さは気になるが、逆に昔懐かしさはある。

餃子は6個で300円、ラーメン含め安いです。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

八王子系ラーメンの奥深さ

鳴門入りの失われし東京ラーメンを目指しているが、八王子系ラーメンも東京ラーメンの1分野と言え、必須でないが鳴門入りは存在する。

既に、八王子ラーメンに魅せられ「八王子らーめん食べたい」を送り出しているが、その中の鳴門入りを挙げておく。

[訪問済]
ラーメンのデパート宮城@八王子
中華そば専門店武富屋@豊田
ラーメン専門店トモエ@日野
tomoe_1.jpg
[未訪問]
ラーメン専門トモエ@西八王子
たけちゃんらーめん@西八王子
中華そば専門店味幸@高尾
浦島@高尾
らーめん来龍@北野
白龍@西八王子
天芯らーめん@八王子
いぬい@福生(牛浜)
紀の家@青梅(河辺)

当然、未訪問店は失われし東京ラーメンに今後登場予定。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

鳴門のある風景1

もうひとつ、やりたい企画は「鳴門のある風景」。
昨今、激減していく鳴門入りラーメン。そんなラーメンを食べ歩く。
「失われし東京ラーメン」と重なるので別企画というより、ストックたまったら一挙に紹介することにしよう。

いままで登場した鳴門入りラーメン。

幸楽苑@百草園店
西洋軒@初台
弘前軒@南平
たけちゃんにぼしらーめん@代々木店
幸楽@八王子
山田屋@水道通り店(西新宿)
双葉@布田店
西遊記@百草園
生駒軒@笹塚

とりあえず、既にアップしている画像をめとめて。
kouraku_07.jpg yamadaya_05.jpg futaba_05.jpg ikomaken_08.jpghirosakiken_01.jpg takenibo_11.jpg seiyouken_35.jpgsaiyuki_05.jpg

これでは鳴門が見難いものもあり。次回は鳴門と中心に切り取った画像としたい。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

渋谷本町不動通りの中華屋さん[美芳]

幡ヶ谷不動尊前の通りの商店街。この名称は非常に微妙。場所的には初台、住所は渋谷本町。
HPによると不動通り商店街
この名称の前に渋谷区本町や初台や幡ヶ谷が付いたりしているようだ。

いつもは手前の西洋軒だが、20時で店じまいなのでもう少し足を伸ばして、中華料理美芳へ行く。

さまざまな種類の中華料理とさまざまな組み合わせのセットがあり迷うが基本のラーメン、半チャーハン、餃子(3個)セット750円を注文。デフォルトのラーメンは530円なので激得です。

miyoshi_10.jpg

自家製多加水麺の手打ち風ちぢれ麺と中華ならではのやさしい醤油スープになじみ、メンマ、チャーシューと旨い。玉子が多いチャーハン、餃子と満足このうえない。

次は20種類以上のビールセットA(1550円)での再訪を誓う。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

続々・失われし東京ラーメンを求めて

東京東部下町中心に生駒軒のれん会が存在することを最近知り(water120mさんの中華料理 生駒軒の研究)、それに敬意を払い、訪問リストに入っていない、新宿以西唯一の店、⑯幡ヶ谷商店街の生駒軒へ行く。

場所は笹塚南口から徒歩5分、観音通り商店街を抜け、玉川浄水路をわたり、直ぐ始まる北沢商店街の入り口にある。

店構えはいかにも老舗店。
ikomaken_12.jpg

セットものなどないので、ラーメン(500円)、半ライス(160円)を注文。
待っている間に生駒軒らしさを探し、やはりありました。生駒のれん会の額。
ikomaken_07.jpg


そして、出てきたラーメンは器は小さめながら、ズバリ、懐かしい中華そばの出で立ち。
スープは濃い目だが、生姜風味のあっさり鶏ガラながら油等で甘みを増すタイプ、これにはやわらかめのちぢれ細麺、具の小さめのぱさぱさチャーシュー、味付けしっかりメンマいっぱい、海苔、鳴門。あっさり東京ラーメンからちょっとコクを増すこのタイプは昔の学生時代のストライクゾーン、懐かしさ抜群。

ikomaken_09.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 失われし東京ラーメン 中華料理 京王線沿線 ノスタルジック

京王線各駅停車駅に深夜ラーメン店あり

京王線各駅停車駅の百草園に貴重な深夜ラーメン店あり。その名は「西遊記」。

百草園駅から1分内の駅近、車窓から見える(店の入口は川崎街道沿いなので看板等で店の確認はできないが)ラーメン専門店であり、この各駅停車界隈では貴重な深夜営業店。街の中華屋軒居酒屋の長年慣れしんだアットホーム雰囲気だ。

半チャンラーメンセット(750円)を注文。デフォルトラーメンは500円だからかなりお得。

saiyuki_05.jpg

本当にあっさりした澄んだスープでちぢれ細麺、具は固めで厚いチャーシュー、メンマ、鳴門、ほうれん草、どれも味付け薄く、完璧なまでの昔懐かしの東京ラーメン。
半チャーハンもしっとりタイプだが細切れチャーシュー入りで量も十分で旨い。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 失われし東京ラーメン 中華料理 ノスタルジック 京王線沿線 各駅停車 駅近

沿線各駅停車駅の中華そば

10月に入り街を歩くとここかしこと金木犀の香りが漂ってくる。そんな夜もすがら、途中下車して夜道でも歩こうか。

京王線で地味な各駅停車しかとまらない布田駅。
この駅付近に昔なつかしい中華そば専門店がある。その名は中華そば双葉布田店
特急調布駅下車して徒歩で向かう。

布田駅南口から南下し2分に中華そばののれんが見える。

先客0、後客1人。
中華そば(560円)、半チャーハン(340円)を注文。

popai_05.jpg

ラーメンは濃い醤油色の大陸的で、具は鳴門、メンマ、チャーシュー、もやし、わかめ。チャーハンはしっとりタイプで具は玉子、ネギのみ。

スープを飲むと以外とあっさりして、千葉産地醤油の旨さを引き立てる、ちぢれ細麺と各具とバランスよい。

そしてこの店一番のポイントは、サービスで杏仁豆腐がつくこと。

futaba_07s.jpg

これで900円と高めでも満足してしまう。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 失われし東京ラーメン 京王線沿線 各駅停車

失われた東京ラーメンの巻き

失われし東京ラーメンを求めて、その結果はずれた(失われた)例を。

地方ロードサイド店のようなラーメンレストラン ポパイ@野猿街道は、実は本格中華でラーメンも鳴門は乗らずもほうれん草あり、ぎりぎり東京ラーメンと思い訪問。

メニューは丼もの,点心もののセットが充実し、ラーメン画像もしっかりほうれん草のるので安心してCセット(830円+消費税)の醤油ラーメン(細めん)、スタミナ焼肉丼、杏仁豆腐を注文。

あっというま出てきた盆を見て、ちょっとがっかり、青菜のほうれん草がのってない!

気を取り直しスープを飲むと豚骨風味と油がしっかりしながら、化調でない旨さを感じ、そに負けない固めの細めん、メンマ、大きめチャーシュー、大判海苔とかなり好印象。

popai_05.jpg

上げ底のどんぶりなので量はないが丼ものも旨く、脂っこさはデザートの杏仁豆腐でサッパリとなる。

デフォルトのラーメンは550円なのでこのセットはかなりのお得感あり。
次は餃子半額デーの2,3木曜日にこの店人気の五目ラーメンをと再訪したくなる店だ。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。