スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

途中下車してでも新規開拓[府中編]

これまで、府中駅南側が中心に攻めたが、北側も攻めねば。
失われし東京ラーメンをテーマに「ハロンボウ」「らーめん大将」をピックアップ。

東府中方面の高架線路沿いの「ハロンボウ」は開いていないので、方向転換して20号を越えた「らーめん大将」へ。広いけやき通り沿いにあり、黄色と赤色で目立つ店構え。
店内は細長くカウンターと奥にテーブルもあり意外ときれい。

塩も醤油も味噌もつけ麺もあり、定食もあり、餃子420円が名物とある中、
一番安い醤油らーめん580円と半チャーハン480円を注文。

はじめにラーメン登場。先客2名、後客1名。
taishou_03.jpg

量もそれほどでもなく味付け玉子1/2個、小さめチャーシュー、メンマ、ほうれん草、もやし、のり、大判鳴門と普通のラーメン店より種類は充実。値段は高めと思っていたが、この具豊富で80円アップと考えれば納得か。

あとから、半チャーハンが480円でこの量とがっかり見えたが意外に深い器でした。

taishou_02.jpg

とはいえ、半チャンラーメンで1000円オーバーだと、ラーメンも至って普通の化調控え目あっさりで途中下車してまでの魅力は感じない。
ポイントは深夜営業(1時まで)かな。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ラーメン特集に感化され

雑誌、食楽2月号のラーメン特集で1泊2日ドライブで東北道の佐野、白河、喜多方の特集をやっていたと思ったら、
今度はWEBマガジンDORONで
特集「北関東“手打ち”ラーメン紀行」を日帰りドライブで特集。

佐野から藤岡の間こそ小麦の産地。そして「両毛面街道」とも一致する。
ここの出身のものとしては、手打ちラーメン店は日常である。

そして、手打ちをさらに進化させた?手延べラーメンもある。
ここを特集したいわけである。

つづいて東京ラーメン探索[北野編]

休みの夕飯に、車を駆り出し北野方面へ。
目指すは「豊春」という店。
北野駅から離れたロードサイ率にある、あまり先率先してはらなくてもいい見栄えだが、結構車が止まっているの気になっていたて店。

店に入ると、おかみさんのやさしい「いらっしゃいませ」の声。
ラーメン中心の定食もあるいわゆるロードサイド中華屋さん。

先客4名。

いろいろセットものがある中、ハーフB(840円)を注文。
ラーメン、餃子3個、半ライス、おしんこのセット。デフォルトラーメンは450円。

toyoharu_01.jpg

出てきたラーメンの出で立ちは青菜のかわりわかめの入った東京ラーメン、ほんのりと鶏ガラ煮干で濃い目の醤油タレに油多めでバランスのとったスープ、潅水高めの中太ちぢれ麺と、鳴門と海苔とメンマ、大きめ柔らかい肩ロースチャーシューに実直さの郷愁を感ずる一品。

アットフォーム度抜群(おかみさん息子さんで切り盛り)で、定食充実度、コストパフォーマンスもあり、再訪確実。こういう店を大事にしたい。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

足とネットで稼いださらなる出会いへ

こんなこともある。

つつじヶ丘の松華に訪問したとき、その通りの3軒先くらいに、ほぼ満席にみえた橙色に緑の看板が目立つ「飛竜」が、看板がない松華とは対照的で気になった。
そこで、ネットで調べると、調布ドットコムにあった。

中華料理飛竜
---
当店人気メニューをご紹介

味とボリューム!
「ご飯」に「麺かワンタン」を選んでいただくのが、【コンビ】です。
ふたつの料理をひとつのメニューとして、お召上がり下さい。
常時9種類をご用意しています。

□□□チャーハン
□□□野菜あんかけ御飯
□□□ニラの玉子とじかけ御飯
□□□鶏肉とキャベツの味噌かけ御飯
□□□マーボー春雨かけ御飯
□□□細ぎり豚肉かけ御飯
□□□鶏肉チリソースかけ御飯
□□□野菜炒めかけ御飯

+半ラーメン または 半ワンタンで 750円
---
とそこに出てくる料理例の写真の器がポイント。
だるまの形をした2コブ合体したと表現するばいいでしょうか。

この器、3年前くらいに前に既に閉店した高幡不動の栄龍軒でお目にかかっている。
eiryuuken_01.jpg eiryuuken_02.jpg

こんな珍しい半チャンラーメン専用の器も見ることはないと思ってた。
それが、また出会えることに。

さらに本店の布田の中華料理大翁も、中華そば双葉へ行く途中気になっていたと来ている。

またまた、宿題店が増えたことになる。


コメントに導かれ東京らーめん探索へ

久方ぶりにコメントにいい情報が(K.Kさんありがとうございます)。
つつじヶ丘の松華が、失われし東京ラーメンだと。

定時退社の水曜日、さっそく途中下車。
一度、代一元@つつじヶ丘の帰りに雑居ビルに1階に目立たぬ年季の入ったショーウィンドウは確認済。

入店し壁に貼ってあるメニューを確認するとどうやらセットものはないので、ラーメン500円、チャハン650円を注文。

先客後客0名。

出てきたラーメンは青菜はないが、まさに東京ラーメン。
shouka_02.jpg

鶏ガラあっさりなみなみスープに、かなり独特の固い細麺、チャーシューは小さめのパサパサの肩ロース、細切りメンマ、大きめ鳴門、小さめ海苔。
スープはあっさりし過ぎで、チャハンも半チャーハンレベルの量と残念と思っていると、食べ終わり頃に何故かあっさりスープがいい感じに思えてくるほどバランスがいい。

shouka_04.jpg

セットものがないようなのが残念だが、次回は五目そばを狙える。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

最新最強ラーメン本2009@ぴあ

今年も最新最強究極のラーメン本2009@ぴあを購入。
780円で200軒、クーポン600枚付きと確かにお得だが、
毎年購入しているとわかることだが、写真は新掲載店以外は、ほぼすべて過去のもの(1回現地取材したらその写真を何年も使いまわしている)。

さすがに値段は最新になっているが、これはさびしい限り。
頭の企画記事と新掲載100店(実質100もないとが)のチェックとクーポンのために買っているようなものだ。


今行くべきラーメン店リスト

2009年も閉店ラッシュか。

くじら軒@新宿(旧My City)が2009.1.末にて閉店(撤退)
勇次@町田(玉川学園)が2009.1.15にて閉店

という情報を掴んだ。

くじら軒は失われた東京ラーメン(鳴門入り)を求めてのテーマで行く宿題店だったし、
勇次も進化系の東京ラーメン(鳴門入り)だし、
行きたい優良人気店こそ、厳しい時代なのか。

まあ、くじら軒はFC展開の打ち止め、勇次も発展的解消(必ず別店舗で復活あり)と考えればいいことか。

初ラーメンは府中沿線

1/7、七草粥の代わりに今年初ラーメン。
府中から徒歩3分、麺屋十王へ。

府中駅は高架駅なので駅前の店はほとんど車窓からは見えない。この店は東府中方面へ3分高架から1ブロックに位置するので、ぎりぎり見えるかもしれない。

十王麺(ラーメン)650円を注文。

先客2名、後客1名。
店は新しいまま、飛魚(アゴ)と鰹節を縄でしばって吊るしてありディスプレイとしているようだ。
また、エコ箸を使用。

zuo_h01.jpg

出てきたラーメンは、味玉半個入りのらーめん、煮豚チャーシュー、メンマ、のり、鳴門とストレートな固めの麺に鰹とアゴの濃厚出汁のスープがよい感じです。

青葉主流の濃厚魚介豚骨Wスープの系統だろうが、あくまであご出汁和風スープにこだわり、メンマが一番旨いです。

おやじさん一人で切り盛りする、いつみ屋といい府中駅から少し離れたところに名店あり。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

2009年新年

新年あけましておめでとうございます。

去年、WEB「ラーメン風吹くまま」を発展解消し、
WEB「ラーメン風吹くまま便」
BLOG「ラーメン風吹くまま館」
を開設してみたが、いかんせん暫定的の印象は拭えなかった。

そこで、
今年こそ本格的に運営していこうと思ってますので、
よろしくお願いします。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

2008年ラーメン食べ納め

2008.12.29に今年の食べ納めはとなるべく、「和華蘭」へ訪問。

塩らーめん(550円)、半叉焼丼(280円)、味玉(100円)の食券購入し、太麺で注文。

今年一年値上げせず、ガンバッテ来たこの店に感謝。

半叉焼丼の叉焼が小さめ2枚となった気がするが,にんにく生醤油とネギ、海苔が絡むと旨く、
塩らーめんも、こちらは叉焼1枚から小さめ2枚になり、さらに煮豚度も肉の旨みをダイレクトに感じるようになったようだ。国産小麦の薫る太麺といい相変わらず旨い。
そして、ゼリー状の味付け地玉子も健在。これ目当てに来るだけの価値あり。

PICT0861-2.jpg



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。