スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつの東京ラーメン[東京醤油とんこつ]

ラーメン道楽@代々木の訪問で、鶏ガラあっさり醤油の懐かしの東京ラーメンに対抗する東京醤油とんこつ系もテーマしようと思って、それっきりだったので、ここでまとめておく。

難波氏のホームラン軒から、屋台のホープ軒を経て以下のような系譜をたどる。

・ホープ軒本舗@吉祥寺
  阿佐ヶ谷、高円寺、大塚、杉並
 野方ホープ軒@野方本店
  原宿、荻窪、目黒
 村山ホープ軒@武蔵村山本店
  東大和店、西国分寺(閉店)、八王子(閉店)
・ホープ軒@千駄ヶ谷
 ニューホープ軒@帝京大学前、市川店
  マルカンホープ軒閉店
 特麺コツ一丁ラーメン@幡ヶ谷
・土佐っ子@環八(閉店)
  練馬、池袋
・弁慶@堀切本店
  浅草、門前仲町..
・香月@恵比寿本店
  五反田、中目黒、渋谷、広尾、新宿、日比谷...
江川亭@小金井本店
  東村山、武蔵村山、昭島、八王子北、調布、三鷹、狛江、つつじヶ丘、新座
あじまる@立川(閉店)
味太郎@国分寺(閉店)
木八@下高井戸

ラーメン道楽@鮫洲本店
  参宮橋、川崎、蒲田、洗足池
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

多摩地区限定チェーン化店の謎2

まだまだ、多摩地区限定でチェーン化店を紹介することにする。

東京亭/南京亭(9店)
昭島本店、あきる野、瑞穂、国立、東大和、新青梅街道、狭山が丘、新所沢、日高
ジャンボ餃子等ボリューム自慢の中華

らーめん西海(8店)
多摩センター本店|高尾駅前店|八王子市役所横店|府中店|聖蹟桜ヶ丘店|長津田店|八王子みなみ野店|(東洋大学店)
飛魚出汁とんこつの長崎らーめん、他業種FC展開。

つけめん美豚(?店)
熊川本店、あきる野、高幡不動、聖跡桜が丘、八王子..
流行りの濃厚醤油豚骨の急激なFC展開で何店舗生き残っているか不明。

哲麺(4店)
1代目(昭島)、2代目(八王子)、3代目(羽村)、4代目(あきる野)
濃厚醤油のお好み焼き道頓堀の他業種展開。


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

丸長のれん会の初丸長

実は丸長のれん会は、丸信、大勝軒(東池袋、中野)、栄龍軒しか経験がない。

このブログのメイン企画の代一元と場所的にシンクロしているのに気が付いた。
(ただし代一元は京王線沿線が中心、丸長は小田急線が中心)

代一元@上北沢に対抗し丸長@上北沢もあるので、会社帰りに狙う。
場所は上北沢駅と八幡山駅の中間あたりで甲州街道からちょっと路地に入ったところ。甲州街道沿いには長浜らーめん世田谷店がある。

ラーメン(550円)、半チャーハン(220円)を注文。

先客後客0名だが、出前注文多々あり忙しそう。出前帰りのおやじさんを待ってちゃっちゃっと鍋を打ち、半チャーハンそしてラーメン登場。
maruchou_04.jpg

ラーメンは丸長らしい濃い醤油色のスープに、潅水高めの中太ちぢれ麺、具は海苔はなく、チャーシュー、メンマ、わかめ。
煮干ふんわり、化調もふんわり、生姜風味もする濃い目の味こそ丸長グループの懐かしさ抜群。

この店、中華丸長なので、メニュー豊富でなんと九州らーめんまであるみたい。さらに本日サービスメニュー(この日はもやしそば+半チャーハン、玉子丼)もあり、近場に住んでいれば通いたくなる店。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

半チャンねらいの最終決断

どうしても見たいTVのため21時までに家に帰り、22時以降に車で行けるまだ未食の半チャンラーメンという条件で、最終決断しFCチェーンの幸楽苑百草園店へ。

中華そば290円、半チャーハン+餃子セット400円を注文。半チャーハンのみだと280円。全て税別。

kourakuen_17.jpg

以外にも、290円(304円税込)の中華そばのスープ、あっさり醤油で適度の油で上品に仕上げられている。具の透けて見えるくらいの鳴門の薄さやチャーシュー3枚の薄さは量だけ多く見せる手段だろうが、一番の問題はメンマ、業務用のものだろうがまずすぎるが、安価の300円ラーメンとしては十分、随時入れ替えのある100円アップの極旨醤油、塩、味噌よりは安定したこれを選ぶべきだろう。

半チャーハンは、叉焼小間切れ玉子が機械に混ざり結構いい感じです。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

多摩地区限定チェーン化店の謎

この間、府中が本店の多摩地区限定でチェーン化する北海道らーめん特一番(15店)を紹介したが、その他にも多摩限定でチェーン化する不思議な店を紹介しよう。

1.江川亭(9店)
 東八道路沿い小金井を発祥に、東村山、武蔵村山、昭島、八王子北、調布、三鷹、狛江、つつじヶ丘、新座といわゆるFC展開する。
 特徴は東京豚骨背油チャチャ系。

2.にんにくや(5店)
 東小金井を発祥に京王堀之内、谷保、小平、是政(店名:暁)と展開する。
 特徴はあっさり背油系でチャーシューが自慢で夜間営業。

3.たまぞう(4店)
 北府中を発祥に、三鷹(ぐうたら)、日野(ぼんくら)、なぶら(八王子)、小金井(次男坊)と展開する。
 特徴は親である一番系のとんこつを中心に学生替玉無料。

4.大龍軒(4店)
 青梅、青梅大門、福生、西立川
 普通の中華屋か。

5.春夏冬(あきない)(5店)
 中河原を発祥に東府中(正)、八幡山、明大前、下高井戸(要)と展開する。
 特徴はラーメンだけでなく定食、つまみもあるラーメン居酒屋。

[その他]
※味源@福生は強烈なチェーン展開後解散し、残っている店もまだ多数あり。
※一番@福生は一番を名乗る本店系は解散したが弟子たちが独自店名で広がっている「たまぞう」もそのひとつ(確認できるだけで17店(たまぞう系以外)以下記す)。
いつもの所@八王子IC,百万豚@府中,仁楽@国立,新撰組@武蔵村山,えんの助@西立川,遊雅@国分寺,らーめん瞬@国分寺,上を向いていこう@羽村,吉法師@福生,福輪家@あきる野,池谷精肉店@あきる野,小作一番@小作,ラーメン一番黒坊@小作,ラーメン一番羽村店@羽村,一番系ラーメンまる山@立川,とんこつラーメン 一遊@羽村,麺屋芳楽@武蔵村山



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

連続ラーメンは定点観測へ

3日連続のラーメンの3日目は半チャンを狙わず、今一番食べたいラーメンをと定期巡回店へ。
和華蘭で黒豚塩ラーメン(太麺)550円、特製辛挽肉半丼280円を注文。
前回の叉焼半丼よりこの組み合せのがいいねえ。

wakaran_901.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

連日半チャンを狙う

夜10時思い立って、野猿街道のラーメンハウスポパイ@帝京大学前へ。

Aセットの半チャンラーメンセットを醤油らーめん(平めん)、杏仁豆腐で注文。
これで830円税込みで871円。
単品だとラーメン550円、半チャーハン350円、杏仁豆腐180円だからかなりのサービス度。

先客後客0名。食べている途中ラスオオーダーがかかった。
popai_34.jpg

ラーメンは、豚骨ベースの鶏ガラ等かなり複雑なうまさのスープに中華系らしく油じっとり。
平打ち麺によくスープがからみ、チャーシュー、メンマ、海苔とともに本格派。

半チャーハンは、チャーシュー小間切れ少々に玉子、ネギで一般的。

最後に口直しの杏仁豆腐でさっぱりなるのが、普通の中華屋からのアドバンテージ。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

WEBに誘われて、半チャン再チャレンジ[府中編]

ふたたび府中へ。

まず、「ハロンボウ」の半チャンを狙うも、どうも閉店している模様。
なので、「満てん房」へ。

博多らーめんと半チャーハンの半チャーハンセット800円を注文。
デフォルト博多らーめん600円なので、かなりのサービス振り。

先客3名、後客2名。
mantenbou_04.jpg

博多のとんこつを食べるのは何年ぶりか、すぐには思い出せない。

それはさておき、
ここラーメンは本場そのものでなく東京風にアレンジしている。
白濁するとんこつは臭さは残るが、背油入れてまろやかに仕上げているスープ、ネギは普通のねぎにきくらげでなく普通のメンマに海苔。その他、ストレート細麺、とろけるチャーシュー味付け、紅ショウガ、ごま、にんにくが添え置きは博多流。
そして、店員さんが十分に中華鍋を振るさまをみせつけ登場する半チャーハンは、量もこんもりとし、チャーシュー、玉子、ネギの米との炒め具合とパサパサは絶妙。
+200円でこの満足感を噛みしめながら、久し振りに食べる博多とんこつとともに十分に堪能して、店をあとにする。

WEB満てん房

追記:WEBにクーポン券あり。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

久しぶりにカレーラーメン

カレーラーメン特集を掲げてから、まったく開拓していなかったのを思いだし、
急遽、らーめん無双の冬限定のカレーらーめんを目指し、西新宿十二社通りへ。

券売機の故障(1000円挿入そのままフリーズ)で時間がかかったが、
カレーらーめん650円。麺類注文の方はライス無料サービスとのことで、当然注文。

しばらくして登場。先客後客0名。
musou_02.jpg

ポテトチップに粉チーズかけとかなり斬新的。スープを飲むと味噌とカレーの云々とあったが、ごく薄いカレー風味のちょっと味噌味の薄いスープという印象。、コクがあまりない。具はもやし、鶏肉、青ネギ、ポテトチップ、チーズ、麺は黄色いちぢれ麺。
ポイントは食べ進めていくうちにポテチが溶け出し、ほくほく感とは行かないまでも食感が変わって面白い。 最後にライスを投入しスープカレー的にもなる。

これで650円なら満足といえる。コクを出すために、鶏肉を挽肉にし青森の味噌カレー牛乳ラーメンにならって牛乳を入れるだけでおお化けするような気がする。
けん価なポテチを使いチーズで風味付けのこのアイデアを生かすためにも、もうひと工夫があればなあ、
天下一系FC店にそこまで求めるのもなんだが。


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

またまた府中へリベンジ

前回、らーめん大将の半チャンラーメン1080円に納得できず、再び府中へ途中下車。

目指すは、満てん房の半チャンセット。
だがタイミング悪くかなり混雑している(空き席が見えないくらい)ので、そのまま、北海道らーめん特一番を覗く。
そうすると、ミニ丼250円のサービスメニューが目に入り、先客2名なので予定変更して入る。
醤油ラーメンとミニ叉焼丼750円を注文。

しばらくして、醤油ラーメン、ミニ叉焼丼、おしんこが登場。
tokuichiban_02.jpg

旭川流の煮干出汁にラードの油であつあつ醤油スープ、しっかりした細麺、煮豚チャーシュー、多量のメンマ、ネギ。具の種類は少ないが、デフォルト500円を考えるとかなり旨い。メニューも札幌味噌、函館塩があり、それぞれスペシャル(ニンニク、レモン入り)は50円増し。その他、油らーめんや、水餃子らーめんもある。

先客2名、後客3名。
バスラーメンから出発した創業38年とのコメントあるが、旭川の特一番との関連はわかない。

この特一番は多摩地区の一大勢力、調べてみても府中を中心に、府中本店、本宿店、新特一番、分倍河原、中河原、聖蹟桜ヶ丘、日野駅前、日野東、堀之内、八王子子安、八王子東浅川、和泉多摩川、三鷹、国分寺、相模原とある。本宿に工場があるらしい。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ラーメン特集企画案

ラーメン+ライスでは満足できず、ラーメン+チャーハンでは値段的にも量的と二の足を踏む、という人にとっての半チャンラーメンセットは救世主であり、その店の黄金メニュー。

だが、ここんところ、良い半チャンラーメンに出会えていない。
なので、過去の半チャンラーメンを振り返ることに、

幸楽@八王子@880円 
ここのセットはデフォルトラーメン550円+小チャーハンというが、おばちゃんの作るチャーハンは量も具材(叉焼小間切り入り)もパラパラ度も文句無し。

西遊記@百草園@750円
ここのセットもデフォルトラーメン500円+半チャーハンだが、半チャンがこん盛りとした量で叉焼小間切り入りで十分のしっとりタイプ。

双葉@布田@900円
ここは、ラーメン(560円)+半チャーハン(340円)と2品注文タイプ、半チャーハンは量もこれが半チャンの標準量と言えるくらいで具は卵だけと残念だが、ポイントはデザートの杏仁豆腐がつくこと。

代一元@上北沢@850円
ここのセットもデフォルトラーメン550円+半チャーハンのセットCで、量は半チャン標準量、焦げ目がつく寸前のパラパラ度とよし、グリンピースが載る。

西洋軒@初台@700円
ここのセットもデフォルトラーメン400円+半チャーハンだが、量もこん盛りぎみで十分。グリンピース載せ。

代一元@つつじヶ丘@900円
ここのセットもデフォルトラーメン500円+チャーハンだが、量は3/4くらいか、具はハム入り、グリーンピース乗せ。

代一元@笹塚@850円
セットでなく、デフォルトラーメン400円(写真は五目ラーメン600円)、チャーハン450円と2品注文タイプ。チャーハンはハム入り、しっとりタイプ。

康楽@西新宿@780円
ここのセットはデフォルトラーメン500円、半チャーハンだが、量が過去最悪の1/4くらい、半というよりミニもしくは1口といったほうがよい。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。