スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン特集【半チャンラーメン2】

ラーメン+ライスでは満足できず、ラーメン+チャーハンでは値段的にも量的と二の足を踏む、という人にとっての半チャンラーメンセットは救世主であり、その店の黄金メニュー。

2回目の真近の半チャンラーメン訪問分。


福しん@西新宿口店@610円
FC展開もあくまでローカルに創業地の池袋中心にこだわる良心的店舗、他の全国FC展開店に負けず、それ以上の付加価値(お新香をつけたり、あくまで人がその場で調理)をつける良心店。

来々軒@幡ヶ谷編@940円
お初、来々軒の名を受け継ぐ中華西洋料理の店。特徴は食紅で赤い叉焼。、炒飯は蟹カマボコ、錦糸玉子、グリーンピースが乗る。サラダ付き。

やまさん@上野原@750円
地元の居酒屋も兼ねる。寺子屋らあめん、地元に2店舗。ラーメン+ミニチャーハン。

福実@福生牛浜@900円
鮪出しラーメンが自慢、Aサービスセット(ラーメン+半チャーハン)。福生に二店舗、今は亡き清志郎御贔屓、山田詠美の小説に登場と有名店(16号線沿い本店)。

満てん房@府中@800円
ここは、半チャーハンセット。デフォルト博多ラーメン600円。

ラーメン大将@府中@1060円
ここは、セットでなく、ラーメン580円、半チャーハン480円。

中華一番@幡ケ谷渋谷本町@850円
最寄り駅からも商店街から離れたところにある。デフォルトラーメン450円。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ゴルフ帰りにラーメンを

飯能での午後スルーゴルフの帰り、16号線での夕飯にラーメンを探す。
福実を狙うも逆側なので、そのまま牛浜の支店へ向う。16号から奥多摩街道へ流れるとほどなくして到着。店名でなくネオンで光るラーメン、餃子の看板と鮪のオブジェで直ぐ分かる。

店内は、奥に深くカウンター12席,小上がり席4テーブルとキャパシティは十分で7割は埋まっている。

Aサービスセット(ラーメン+半チャーハン)900円を注文。

fukumi_ushi_02.jpg

鮪だしが自慢らしいが、知らなければ普通に煮干し,鰹節系の濃厚魚介スープに思える。とは言え、鮪と言われればよくある濃厚魚介より何か違った気もする。

このスープをラードで閉じ込め、煮豚チャーシュー、メンマ、海苔、大判鳴門、半熟味玉半個、中太ちぢれ麺がよく合い旨いのは確か。

半チャーハンも具材(チャーシュー、卵、ネギ、鳴門)の細かさと、その混ざり具合などすばらしい、しっとりとしたごはんで旨い。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

定期巡回店にて

間をおいて、和華蘭(わからん)@八王子へ。
黒豚塩ラーメン(550円)、半叉焼丼、(280円)、味玉を(100円)。

wakaran_05_02.jpg

塩スープの色が濃くなり、メンマが厚くなり多くなっている。
叉焼丼のニンニク醤油タレと千切り白髪ネギと青白ネギが絡み、味わい深い。
さらに、相変わらずにゼリー状の半熟味付け玉子は絶品。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

多摩地区限定チェーン化店の謎3

多摩地区限定チェーン化カタログ作成中に、またまた謎がでてきた。
多摩地区の中で、もっとローカルにもっと小規模にもっと深く展開する店。

まず、八王子中心に、良く知られた順に。

壱発ラーメン
八王子本店/福生店/相模原店

長浜らーめん
八王子本店/大谷町店/長浜亭@八王子(姉妹店)
/相模原店/世田谷八幡山店

九州ラーメン桜島
八王子東町/●八王子明神町/●とん八らーめん@八王子(姉妹店)

小松亭
八王子中町本店/八王子上野町/八王子東町

つづいて府中。

らいおんラーメン
●府中本店/調布店/国分寺店(らいおん亭)

麺屋十王
●府中本店/●八王子店/●麺屋いまむら@日野(姉妹店)


つづいて調布。

中国料理 飛竜
●調布(布田)本店/つつじヶ丘/中国料理 大翁@布田(姉妹店)


●が訪問済。
ここまでカバーしだすと大変だが、飛竜などまさに掘り出した名店。
こういった店を見出すことに意義がある。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

チャーシュー自慢店へ

チャーシュー、いや本当の叉焼が食べられる府中のふうやへ。
約五年振りの来訪。
値段はここ十年間据え置きの良心店。
チャーシュー麺850円、ごはん小100円を注文。

fuuya_14.jpg

大きさも、厚さも十分な4枚が重さで沈み加減のまま登場。
縁のオーブンでの焼き加減もよく、写真では分かり難いが赤みが掛かっている。
これぞ煮豚でなく焼き豚の本当の叉焼。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

街の中華料理屋さんの正しい歩き方

最近の動向から、
街の中華料理屋さんの正しい歩き方を考える。

初めての訪問時は、デフォルトのラーメン
そこで再訪に値するなら、タンメン
野菜がいい感じなら、もやしそば
最後に、五目そば

これが王道か。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

小雨の中途中下車【調布】

今月の初一杯を考慮して、チャーシュー自慢のチャーシューメンを狙って店を検討中、
ふうや@府中かあおしま@調布か悩んでいると確かあおしまの隣の中華や気になってきた。
するとこの店は以前紹介した飛竜@つつじヶ丘の本店とのネット情報に行き着いた。
そして、ここのやしそばが名物らしい、先月のタンメンの流れでのこの選択が魅力的に思えてきたので、訪問する。

店は真新しい、調布駅付近から移転してきたようだ。

モヤシソバ(600円)+半チャーハン(250円)を注文。つつじヶ丘とは違いひょうたん器ではない。
デフォルトラーメンも600円。

hiryuu_06.jpg

もやし中心の野菜(ニンジン、ニラ、ピーマン)のあんかけに醤油スープ、麺が特徴的なストレート中太固麺。あんかけの固めのトロミがマッチする。
半チャーハンのほうに叉焼こま切れが入る。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。