スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノスタルジーを求めて

6月11日。
ノスタルジーを求め、西洋軒へ再訪。

縄のれんをくぐるとそこは異空間。
先客0名。

ゆるさ全開の中、野菜炒めセット(800円)を注文。

天井下のリモコンでないガチャガチャ式のブラウン管テレビを見つつ、

野菜炒めとライスが登場、
さらにラーメン。

seiyouken_13.jpg

柔らかめの麺。
切手サイズのチャーシュー、青菜、メンマ、大判の鳴門、刻みネギ。
にごりぎみの醤油スープ。

スープ一口すすると、生姜風味であっさりした支那そば風が、
さらに懐かしさを呼び覚ます。



前回訪問レポートへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 中華食堂 ノスタルジック

コメントの投稿

非公開コメント

ラベンハム総合案内所

ラベンハムの検索サイト。先行予約、予約、キッズ、バッグ、キルティングジャケットなどラベンハムに関する各種情報をお届けしています。 http://reidars.stuartmembery.com/
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。