スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不可思議な豚骨醤油

まさか毎日、「代一元探訪」は飽きそうなので、
合間合間に、もうひとつの東京ラーメン「豚骨醤油系」をと思い、
会社徒歩圏内のラーメン道楽へ向かう。最寄駅は参宮橋徒歩5分。

黄色と赤色の基調の店舗からして、ホープ軒系を思い浮かべて入店したが、期待は見事に裏切られた。

L字カウンター10名。先客5名、後客4名。

基本、ラーメンしかないので、ラーメン(600円)、小ライス(150円)を注文。
(味玉100円、その他各トッピング150円)

まもなく出てきたラーメンはかなり黄色がかったスープに、もやし、チャーシューを中央に配置し、それを隠すように大判海苔を立てかける。

douraku_01.jpg

店の中がピカピカに磨かれていて、期待通りの美しい盛り付け。

スープは全面に油が浮く、ホープ軒のギトギト背油ではなく、まことに上品は上澄みスープのような香味油か、一口スープを飲むと濃厚豚骨とは全く異なるあっさりした味に奥の方で豚骨を感じる。

こんな豚骨醤油があったとは!

具はもやし、チャーシュー、海苔のみだが、これも納得してしまうほどの力がある。

客層(2組子連れ母(父)子、若者、高校背、アベック、おやじとこの短い時間にすべての客層が来た)も含め、まことに不可思議なラーメンです。

スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 背油醤油豚骨東京ラーメン

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。