スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華「五十番」のラーメン

店構えを見て、こういう店にはずれなしという思いで、5分の3のくもりガラスの引き戸を開ければ、
やはり、常連客6、7人という丁度よい塩梅。
支那そば、各種定食との看板あり中華料理以上のオムライス、カキフライもある五十番さん。場所は桐生糸屋通り。芭蕉、吉野鮨と密集しているグルメゾーン。

奥の厨房で忙しそうに中華鍋を振る音が聞こえてくる。
セルフを水を汲み、奥に声をかけて、ラーメンライス500円を注文。
ramen_50_01.jpg

しばらくして、お盆にのってラーメン、ライス、お新香が登場。
ラーメンスープがなみなみと醤油色に表面がキラキラ光る油、大分白め麺とメンマ、チャーシュー、ほうれん草、薬味のネギ。
見た目で懐かしさ爆発。
これこれ、このあっさりの鶏ガラ、豚骨少々の見事なまでの風味豊かなスープ、麺、具とバランスが絶妙。
食べて懐かしさ感涙。
ラーメン400円の安さ感激。
ramen_50_02.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。