スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代一元を追え[笹塚編2]

京王線沿線の代一元は追い終えた。
笹塚-代田橋-上北沢-仙川-つつじヶ丘

中華そばの値段は、この順に
400円-550円-550円-530円-500円

こうなると、一番都心の笹塚が一番安価なのが気になってしようがない。
ということで、笹塚店は去年のデータなので、もう一度訪問することにする。

笹塚駅から5分、甲州街道沿いに、わりと新しいビルの1階。
先客2名、後客5名。

メニューを見ると、値段はそのまま。
この店の特徴は、冷やしメニューが通年、セットメニュー、定食がないこと。
一品料理に野菜炒め、レバニラ炒め、カレーライスくらいは在る。

五目そば600円)、炒飯450円)を注文。

まず、チャーハン登場。この笹塚店は他店と違いしっかり炒めでなく、ハム玉子ネギで、しっとりふんわり感が抜群。他店では真似できない逸品。
そして、五目そば登場。200円アップ、他店(550円)だと50円アップで、ゆで卵、卵焼き、ほうれん草、カニ蒲鉾、挽肉団子(小)、極太チャーシュー2枚、海苔、メンマと具が5品増え(わかめ減)は大満足。

daiichi_6_03.jpg

なみなみスープは変わらず、鶏ガラより豚骨の風味で他店とくらべて濁り気味。なめこ入りですっぱさと甘さがあるのが独特です。
具だくさんを混ぜながら食べ進めると甘みも増え、旨さアップします。

代一元は、京王線以外の訪問は、通勤沿線でないので少し時間がかかるでしょう。

それはさておき、今回で新たに五目そばを狙え、これをテーマに新企画はありえるな。

スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。