スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西新宿口ラーメン戦争勃発か

西新宿の駅前喧騒から離れ高層ビル群手前にある名店満来の閉店からお家騒動後、新たに全面対決で勃発か。

まず、満来ビルの隣に同じ大チャーシュー自慢の調布本店のたから家が進出。
その後時を経て満来先代が引退し、「らぁめん満来」は一時閉店。
店長の堀内氏が同じ通り3軒隣に「らぁめんほりうち」として開店。
その後、満来二代目は東高円寺にその名を引き継ぎ「らあめん満来」を開店。これで決着かと思われたが、満来二代目は結局1年もせず10/10くらいに満来ビルに東高円寺を閉めここに出戻り再オープン。

これで同じ味の店2店が3軒隣に存在するという異常事態発生。
そこで見学に行く。
19:00に「満来」は開店花輪がさびしく客3人くらいでガラガラ。「ほりうち」を覗くと客4人くらい。当然50円安いほりうちへ。らぁめん(800円)の食券を購入。

horiuchi_01.jpg

先客4名後客8名。
券売機故障のアクシデントあったが、このらぁめんは正しく東京ラーメンで旨いです。
もちもちの手打ち太麺が量十分でちょっと甘めの鶏ガラベースのスープ、極厚チャーシューは肉のうまみをダイレクトに感じるあっさり味付け、メンマ、青菜、刻みネギとバランスよく800円でも十分納得。

チャーシューメン980円時代に一度来ただけだが、チャーシューに圧倒されただけの記憶が残るのみ。こんなに特徴を生かしながらバランス、コストパフォーマンスもよくなっていると感じるは時の流れか。

それはさておき、帰りに満来を覗くと客2名。たから家8名。まずは実績の「ほりうち」に分がありそうだ。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。