スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店舗画像

私の場合、だいだい夜ラーメンなので、店舗の画像がうまく撮れていないのが常だ。
その中、例外的に昼間のうち撮影した店舗画像を載せておくことにする。

fukuzyu_m_01.jpg
homerrun_m_01.jpg

この2軒にある共通点?それはなんてしょうか?

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

丸長のれん会栄龍軒が残念なことに

丸長のれん会での栄龍軒の屋号の系譜は、

川南栄龍軒 青木甲七郎
| ー 笹塚栄龍軒 月岡三郎
| | ー 日野栄龍軒 畔上政司
| | ー (「荻窪らーめん 栄龍軒」@草加市松原):追加
|  
| ー 相模原丸龍 関 昭夫

| ー 草加空龍 前島徳之助

となっている。

日野栄龍軒は高幡不動駅まえにあり、1回訪問のみで2007年くらいに閉店してしまった。

上の丸長のれん会にはのっていないが、もう1軒、矢川駅前に栄龍軒はあった。
最新多摩のラーメン100には、昭和55年創業となっている。

そこで日曜日に車で高幡不動までいったついでに、矢川まで出向こうとしたが、駅前は再開発中で、どうも探し得ることができなかった。

気になりあとでTELLしても「使用していません」で、ネットで探すと今年店主がなくなり閉店になっている模様だ。返す返す、残念でならない。

高齢になる街の貴重な中華屋さんのかかえる跡取り問題は、かなり深刻だ。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ラーメンという奇跡の料理

ラーメンという料理は、
ひとつの丼に、別々に調理した前菜、スープ、メイン、サラダ、主食のフルコースをコンパクトに凝縮できる奇跡的なものだ。
それゆえ、ちょっとした準備があれば、機動力十分の炊き出しにはもってこいだろう。

実際、ラーメン義援隊として活動をおこなっいるサイトを紹介する。

ラーメン義援隊の募金活動につきまして

その一環として募金活動(募金箱を置く店)も行っている。
大崎氏の、「チャーシュー募金」200円、「味玉募金」100円の提唱は、具体的で募金し易いものだろう。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

2011年今年のラーメントレンドは?

2010年去年は、肉そば系×味噌系が当たった。
ようするに、二郎系インスパイアに対抗しうるものだったような気がする。

2011年今年は、何が来るのか。

長らく、カレーラーメンが来ると言っているが、今年こそは。
http://gourmet.blogmura.com/tb_entry93110.html

ラーメン企画案

夏はラーメン行脚には、つらい時期。

夏用の企画を熟考中。

・深夜ラーメンへようこそ
・冷やしラーメンの世界へ
・街の冷やし中華特集
・・・


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

予想通り江ぐち復活、ただし店名はみたか

今年早々の中華そば江ぐちの閉店に首を傾げたが、予想通り、3ケ月後に、同じ場所、同じ味、同じ値段、屋号を中華そば「みたか」で復活。

すでに高齢の井上氏が継いだのでなく、若い跡取り候補が橋本氏(江ぐち隣の割烹料理屋息子、地権者でもある)がいきなり継いだようだ。

この辺は、お家騒動のにおいもあるが、まずは、一安心。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

今後に向けて

どうもメモ書きでしかない現状のブログの使い方に疑問あり、
しばらく更新を止めていると、広告がトップにでてしまっていたので、
とりあえず、今後の方針やらを書いておく。

そもそも、このブログ(ラーメン風吹くまま館)はラーメン風吹くまま便(WEBサイト)のシーズを公開し、企画段階のものをお見せするととに意義があったと思う。

その一番の出来だと思っているのが「代一元を追え」。


この原点に返り、より企画色の強いものして行こうと思う。
それと文体、それなりに読ませるものしないといけないだろう。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

中華そば江ぐち閉店

三鷹にある創業昭和26年の老舗「中華そば江ぐち」が閉店してしまった。

小説にもなった(「小説中華そば『江ぐち』」著 久住昌之)名物ラーメン店であった訳だが、
東京・昔ながらの引き算ラーメン
で跡取りのメドがたったと喜んでいたのに、

やりたい企画(発見!失われし東京ラーメン、レトロハンター、ナルトハンター、五目そばを狙え、叉焼自慢の店...)は目白押しだったのに、温め続けていると、果たすことができないよい例だ。

高齢の2代目オーナーの年末の急死、1月末で店の賃貸借契約更新のタイミング、これで閉店とは寂しい限り。
50年来の店主井上氏は健在なだけに、年内での味の、店の、復活を望みます。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

多摩地区限定チェーン化店の謎3

多摩地区限定チェーン化カタログ作成中に、またまた謎がでてきた。
多摩地区の中で、もっとローカルにもっと小規模にもっと深く展開する店。

まず、八王子中心に、良く知られた順に。

壱発ラーメン
八王子本店/福生店/相模原店

長浜らーめん
八王子本店/大谷町店/長浜亭@八王子(姉妹店)
/相模原店/世田谷八幡山店

九州ラーメン桜島
八王子東町/●八王子明神町/●とん八らーめん@八王子(姉妹店)

小松亭
八王子中町本店/八王子上野町/八王子東町

つづいて府中。

らいおんラーメン
●府中本店/調布店/国分寺店(らいおん亭)

麺屋十王
●府中本店/●八王子店/●麺屋いまむら@日野(姉妹店)


つづいて調布。

中国料理 飛竜
●調布(布田)本店/つつじヶ丘/中国料理 大翁@布田(姉妹店)


●が訪問済。
ここまでカバーしだすと大変だが、飛竜などまさに掘り出した名店。
こういった店を見出すことに意義がある。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

街の中華料理屋さんの正しい歩き方

最近の動向から、
街の中華料理屋さんの正しい歩き方を考える。

初めての訪問時は、デフォルトのラーメン
そこで再訪に値するなら、タンメン
野菜がいい感じなら、もやしそば
最後に、五目そば

これが王道か。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。