スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五目ラーメン狙い[八王子・大塚帝京大学]

22時前に野猿街道沿いの「和華蘭」へ向かうも店は閉まっている。向かいのファミリーマートでウッチー必勝弁当あるか覗くもなし、来多郎、十王も定休日。ポパイのみ開いている。
なので、五目ラーメンと心に決めラーメンレストランポパイへ入店。

五目ラーメン(830円)、半チャーハン(350円)税別を細麺で注文。

popai_11.jpg

日替わり、セットのお得度に後ろ髪引かれるが、醤油ベースの五目あんかけタイプのこのラーメンも、白菜人参絹さや椎茸竹の子銀杏味玉が餡とスープとストレート細麺に絡み十分堪能できる。無化調なのでスープ残らず飲み干せる。
半チャーハンもしっかりチャーシューこま切れが入りパサパサ感ありいいが、本当に半分です。

メニュー表が新しくなり気になっていたが、通常ラーメン等は据え置だが、食べたメニュー(五目、半チャーハン)9月訪問より各50円アップしていた。
税別とともに残念。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 五目そば

五目そばを狙え[福寿]過去訪問店

もう1店、過去に五目そばを食べていたので掲載。

---
笹塚の老舗名店の福寿へ。
場所は笹塚駅から一番街商店街から一番街坂下へ終点位置にある。
先客1名、後客3名。
ノスタルジル満点のただづまい。五目ラーメン(630円)を注文。

hukuzyu_01.jpg

出てきたラーメンは、通常ラーメン(500円 具はチャーシュー、メンマ、鳴門、ネギ)に蒲鉾、椎茸、もやし、温泉半熟玉子1個とかなりお得。
スープを飲むとほのかな甘さ、昔ならでは鶏ガラ中心で豚骨、昆布、魚介、香味野菜等のダシに、ほのかな油で抜群のバランスのスープ。これにちぢれ麺が多く、十分に堪能できる。
現代でも十分に通用するこのラーメン、この店とともに奇跡的だ。
--

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

五目そばを狙え[代一元笹塚店]再掲載

五目そばのカテゴリを追加したので、
以前の記事代一元を追え[笹塚]
をこのテーマとして再掲載。

五目そばのタイプ、通常ラーメン具充実型。

---
五目そば(600円)、チャーハ(450円)を注文。

この笹塚店は他店と違いしっかり炒めでなく、ハム玉子ネギで、しっとりふんわり感が抜群。他店では真似できない逸品。
そして、五目そば登場。200円アップ、他店(550円)だと50円アップで、ゆで卵、卵焼き、ほうれん草、カニ蒲鉾、挽肉団子(小)、極太チャーシュー2枚、海苔、メンマと具が5品増え(わかめ減)は大満足。

daiichi_6_03.jpg

なみなみスープは変わらず、鶏ガラより豚骨の風味で他店とくらべて濁り気味。なめこ入りですっぱさと甘さがあるのが独特です。
具だくさんを混ぜながら食べ進めると甘みも増え、旨さアップします。
---

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 代一元 五目そば

五目そばを狙え[西洋軒]

ものになるかどうか、とにかく企画「五目そばを目指せ」を始めます。

中華料理系ラーメンにおいての五目そばをデフォルトのラーメンと比べることをテーマとする。
これは「代一元を追え」「失われし東京ラーメン」の再訪時サブテーマとも言える。

まずはじめは、ノスタルジック中華食堂の西洋軒。
五目そば600円、小ライス130円。

seiyouken_35.jpg

ここの五目そばは塩ベース。
スープの塩味と具の野菜類(白菜,椎茸,人参,木耳,筍,ほうれん草)がマッチ、さらにチャーシュー小、豚肉、蒲鉾、鳴門2個と落とし玉子と充実。
(これが、五目そばの正統)
これでラーメン400円から200円増しはお値打ち。

小ライスもしっかりおしんこ付き。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。