スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸源ラーメンあっさり

肉そば目玉の丸源ラーメン。
実はあっさり醤油ラーメンのが、安くて自分には好み。
ramen_maru_01.jpg
極太メンマ、厚くて大きいチャーシュー、青ネギいっぱい。
細い麺と、香味油と淡成スープ、実にバランスよく、これで550円+税はお値打ちである。

丸源ラーメン

肉そばが売りの丸源らーめんの野菜たんめん680円+税。
たっぷりの6種の野菜に豚肉と塩味スープのあっさりと香味油のコクのある納得の仕上がり。
ramen_marugen_01_20121019000316.jpg
ramen_marugen_00.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

らーめん万来

昔から有名で二代目でロードサイドに店を構え、ラーメン店らしからぬ建物になったが、
lamen_banrai_00.jpg
味のほうは、しっかり継承されている。
懐かしいあっさり醤油スープ、手打ちメン、ワンタン6個くらい、チャーシュー2切れ、わかめ、メンマ、鳴門。
lamen_banrai_01.jpg

ワンタンメン760円+税

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

中華「五十番」のラーメン

店構えを見て、こういう店にはずれなしという思いで、5分の3のくもりガラスの引き戸を開ければ、
やはり、常連客6、7人という丁度よい塩梅。
支那そば、各種定食との看板あり中華料理以上のオムライス、カキフライもある五十番さん。場所は桐生糸屋通り。芭蕉、吉野鮨と密集しているグルメゾーン。

奥の厨房で忙しそうに中華鍋を振る音が聞こえてくる。
セルフを水を汲み、奥に声をかけて、ラーメンライス500円を注文。
ramen_50_01.jpg

しばらくして、お盆にのってラーメン、ライス、お新香が登場。
ラーメンスープがなみなみと醤油色に表面がキラキラ光る油、大分白め麺とメンマ、チャーシュー、ほうれん草、薬味のネギ。
見た目で懐かしさ爆発。
これこれ、このあっさりの鶏ガラ、豚骨少々の見事なまでの風味豊かなスープ、麺、具とバランスが絶妙。
食べて懐かしさ感涙。
ラーメン400円の安さ感激。
ramen_50_02.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

丸源らーめん

名古屋発の丸源肉そば。
FCチェーン化が激しく、着々に郊外型ラーメン店モデルで勢力を拡大している。
ramen_marugen_00.jpg

平日ランチのサービスランチ780円+税(819円)
名物肉そば(682円)+唐揚げ(2個)+ライス小
ramen_marugen_01.jpg
よく考え抜かれた肉そば。
オレンジ色のもみじおろし、青ネギで、油多目、こってり目の熟成醤油仕込みのスープの味を変えながら、
ばら肉、固めの細麺のラーメンを楽しめる。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

空き店舗活用成功例(ラーメン)

群馬県桐生市。
この地方都市も、御多分にもれず、町が消えていく。
主幹産業織物の衰退による運命なのかも知れないが、商店街の空き家利用の成功例。

本町通りの今西豆腐店に、ROOSTER 雄鶏が営業している。
昼はラーメン、夜はワインバーになる。
ramen_odori_00.jpg

昼、12時5分入店し、醤油ラーメン650円を注文。
先客2人からそこから続々の入店、カウンター8、9席が満席で、さらに入店し奥のワインバー用のところに待ち客2人と大盛況。

出てきたラーメン、無化調スープ、自家製麺(小麦薫る腰のあるストレートな細麺)で、具のチャーシュー、穂先メンマ、海苔、ネギ。細長い器を含め非常に先進的な一品。
ramen_odori_01.jpg

全体のバランスもさることながら、この長い穂先メンマが2本半が非常にラーメンという小宇宙を感化している。
ramen_odori_02.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

弘前軒の2玉中華そば

久し方ぶり、南平の弘前軒へ。

いまだ食べていない、通常の中華そば(2玉)700円を食べる。
この大きな器にいっぱいの迫力のスープと麺。
この量を食べきるかなりの長い時間まで、スープはあつあつ、麺も腰のあるままである。
hirosakiken_d_01.jpg
真上から写真だとわからないので、横上から写真で、受け皿と比べるとその巨大さがわかる。
hirosakiken_d_02.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カップ麺

スーパーアルプス50周年記念のカップ麺八王子ラーメン。
hachi_men_02.jpg
hachi_men_01.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

金曜限定40食大雪軒

新百合ヶ丘イオン5Fにある旭川ラーメン大雪軒。
金曜限定に誘われ、900円の値段にも怯まず「中華そばクラシック」の食券を買う。

出てきた中華そば、あっさり醤油スープに、麺細めの柔らかめ、
具は大判チャーシュー2枚、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、半熟味付け玉子。
薬味のネギが通常のものと揚げネギ、そして柚子。

スープのあっさりなのにコクのある滋味高い、バランス重視でありながら具を増強した、
所謂、特製中華そば。900円でもギリギリ納得の一品。

daisetsuken_old_01.jpg
daisetsuken_old_00.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

今年一番の逸品

去年新規オープンの、懐かしい中華そば。
15日感謝デーで全品500円。

900円の特選中華そばを注文。

チャーシュー2枚、肉ワンタン3個、味付け玉子(半個)、メンマ、鳴門。
まったくスキのないスープ、太めの縮れ麺、柚子のアクセントつける。

showa_01.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ

MONTHLY

プロフィール

kano

Author:kano
細く長く、ラーメン食べ歩き暦22年。

最近のコメント
最近のトラックバック
併せて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。